ムール貝は誰にも邪魔されずに抱え喰いするに限る

良ければ”はてブボタン”押してくらはい^_^

スポンサーリンク

世の中には抱え喰いしなければならない食材がある。。。

皆さんムール貝食べた事ありますか?

日本ではムラサキイガイ、しゅうり貝、ニタリ貝、カラス貝(淡水で取れるカラス貝とは違う)などと呼ばれています。

ムール貝料理はベルギーの名物料理です。

ムール貝はMussleと呼ばれ、ワイン蒸しとなると量は一人前は1kg〜1.5kgくらいでベルギーでは出てきますよ。

↓こんな感じ

Ready to eat
photo by Andrés Gómez García
generated by FlickURL

僕もムール貝を食べる時は大体1人で深皿1つは平らげます。

2人、3人で食べろと言われたら他によほど料理がないとイラッとします。

ラーメンを2人で仲良く食べませんよね?

牛丼半分くれと言われたら腹たちませんか?

ざるそば来ました。さあ分け合いましょう。なんてしませんよね。

そうです。ムール貝のワイン蒸しは僕にとって分け合って食べるには抵抗がある一度口にしたらなかなか止まらないカッパえびせんみたいな存在なのです。

要するにムール貝はガッツリ、抱え喰いして食べてナンボです。

だからスーパーでパック売りされて5個から7個入っているムール貝を見ても”なんだかなー”くらいにしか思いません。

ムール貝はどこで買うか?

さあパック売りじゃないムール貝はどこで買えるんでしょうね。

つまり最低500グラムあたりからガッツリ食べるためにどこで販売してるのでしょう?

業務スーパーで買う。

皆さんの周りには業務スーパーありますか?

業務スーパーではムール貝500g 258円です。

冷凍でチリ産です。

味付けはされていないんでお好みでワインやガーリックを入れて料理して下さい。

楽天などの通販で買う。

楽天みたいな通販サイトでも様々なタイプのムール貝が販売されてます。

こちらは楽天のムール貝ランキングです。

一位も500グラムで700円程となんか高級です。

色々なムール貝が掲載されているので楽しくなります。♪(๑ᴖ◡ᴖ๑)♪

生産地からお取り寄せする。

東北岩手県の山田町の五篤丸水産のサイトより山田湾で獲れたムール貝(しゅうり貝)がお取り寄せできます。

1キロ540円で販売されています。

五篤丸(ごとくまる)は東北、山田町の特産品を扱うショッピングサイトです。東北の味をお届けします。

僕はまだこちらから購入してませんがいずれは買いたいと思っています。

生産地がはっきりしているから安心してですよね。

山田湾はリアス式海岸で有名な景勝地「三陸海岸(陸中海岸国立公園)の中にある風光明媚な場所です。

山田湾の地図はこちらです

漁師さん達がムール貝を取っている光景はこちらです。綺麗な海で安心ですが重労働ですね。ありがとうございます。

コストコで買う。

僕は普段はムール貝をコストコで買っています。

1kg 998円で販売されています。こちらはニュジーランド産のグリーンシェルマッスルと呼ばれるムール貝です。

真空パックにしてから、冷凍せずにチルド輸送されるので品質がとても良いとのこと。

マッスル(日本ではムール貝)の街ハブロック。ここはネルソンとピクトンの間にある小さな街。 View Larger Map「グリーンシェルマッスルクルーズ」というマッスルの養殖場を見学するツアーもあります。マールボロサウンドは湾に囲まれ、波がほとんどないので、船が

今回はこちらのグリーンシェルマッスルを実食します。

コストコで買ったムール貝、グリーンシェルマッスルを実食する。ワインとパンを持ってきてー!

↓こちらがコストコで買ったムール貝、グリーンシェルマッスル君達です。

今回は2袋、つまり2キロまとめて調理します。大人2人と幼児2名でいただきます。

もうすでに味はついた状態で販売されているので鍋にいれて温めるだけですよ。

↓ほんとうに鍋にいれて温めるだけです。

↓出来たかなー?

↓はい出来上がりー、簡単!

↓美味しいからあっと言う前に2キロ平らげマッスル!

↓スープは少し濃いめ、パンと合いますよ

↓もちろんワインも忘れずにね。赤でも白でもお好みで❤️

おわり

Posted from SLPRO X for iPhone.