ニュージーランドの赤ワインのシラー種を7種類飲み比べてみた

良ければ”はてブボタン”押してくらはい^_^

スポンサーリンク

ニュージーランドの赤ワイン、シラー種を飲み比べようとしたキッカケ

ニュージーランドワインについて僕は最近知ったのですが、とても品質が良くリーズナブルなコストで提供されています。

シラーというのは葡萄の品種の名前です。

Syrah grapes on the vines at Cable Bay

Photo by PR Manager at Flickr

シラーはオーストラリアではシラーズっていいます。

シラーの特徴は酸味、タンニンの渋み、スパイシー、果実の香りが大きな所です。

そしてこの濃厚な赤!フルボディで肉料理によく合います。!

コストコで二千円台のワインをよく買うのですが、その中でもこれはうまいと思ったワインがこのニュージーランドシラーのワインです。

クロスロード ホークスベイ シラー 2014

このワイン、コストコで買った二千円台のワインてニュージーランドのホークスベイって所が産地です。

コストコではカークランドブランドの二千円台ワインを良く飲みますが、このクロスロードを始めて飲んだ時、あまりの完成度の高さに衝撃を受けました。

完成度の高さというのは、シラーの特徴である酸味、タンニンの渋み、スパイシー、果実の香りがバランス良く仕上がっているからです。

このバランスを保ったままドッシリ感か伝わる二千円台とは思えない素晴らしいワインなんです。

しかしこの僕のお気に入りのクロスロード、最近コストコで見ません。

店員さんにどうしたのか尋ねると、バイヤーの好みで品揃え変わりますよー🎶 だって、、、

そんなー、ウチ飲みの定番になっていたのにーこれはイカーン‼︎

もうクロスロードはコストコで買えないの?それとも品切れ? またコストコで買えるのはいつー?

と言うことで、良い機会だからなかばヤケクソ気味であるのだが、コスパ的にクロスロードに勝てるニュージーランドシラーを今回7種類飲み比べすることにした。

またフランスのローヌ地方のエレガントシラーと呼ばれるシラーに近いとされるニュージーランドシラーをより多く味わってみたくなったのも今回の試みの理由です。

ニュージーランドシラー飲み比べ7選はこれだ

ある意味、ランダムというか片っ端からニュージーランドシラーを取り揃えてみた。

左から

  1. シレーニ セラー・セレクション・シラー 2013
  2. セオリー&プラクティス ホークスベイ シラー 2013
  3. クーパーズ・クリーク ホークスベイ シラー2012
  4. クラギー・レンジ・ル・ソル・ギムブレット・グレーヴェルズ・ヴィンヤード 2013
  5. ティンポット・ハット ホークスベイ シラー 2013
  6. クラフトファーム ホームヴィンヤード シラー 2014
  7. クロスロード ホークスベイ シラー 2014

全てシラー種ですよー❤️

価格帯は1544円から10,350円までさまざまです。

評価の仕方は簡単、クロスロードよりうまいかまずいか!

つまりクロスロード飲んだことないと全く分からんやんけという完全に僕の備忘録記事と化しております。ペコリン

てかどこの誰か分からない筆者にグダグダとワインの味を書かれてても嫌でしょうって配慮でもあります。

星の五段階評点として、クロスロードは三つ星⭐️⭐️⭐️とします。

あとごめんねー、ニュージーランドワインといえばプロヴィダンスなんですが予算の関係で今回はなしでーす。

近々味わってみたいとは思いますが、、後KUSUDAも飲みたいのー。

産地は全てホークスベイでした

ニュージーランドではシラー種はメジャーではありませんが、扱う畑はだんだん増えてきているとのこと。

SILENI ESTATES WINERY
photo by Norio NAKAYAMA
generated by FlickURL

その中でもニュージーランド第2位のワインの産地は北島のHawkes Bay(ホークスベイ)は比較的シラーに力を入れている産地です。

ニュージーランド第1位のワイン産地は南島のMarlborough(マールボロ)です。

今回揃えたワインの内、7種類中、全てホークスベイ産でした。。。狙ったわけではないのですが。。。

実際に7種類のニュージーランドシラーを飲み、コストコで買ったクロスロードと比較した結果

今回の比較はあくまでクロスロードをベンチマーク(星3つ⭐️⭐️⭐️)として全五段階評価とした主観に基づくものです。

一生懸命ワインを作られた生産者の方には、簡単な言葉で、片付けられてふざけんなよと思われるのも無理もないです。ペコリン🙇

シレーニ セラー・セレクション・シラー 2013

参考購入価格: 1,544円

今回一番安いワイン色香とも第一印象は若いねーて感じ

クロスロードとの比較評価:⭐️⭐️

セオリー&プラクティス ホークスベイ シラー 2013

参考購入価格: 4,090円

飲み口はまろやか、だがタンニン、酸のバランスはクロスロードに較べやや整っていなく感じた。

時間とともに、そして肉料理と合わせると心地よいスパイシーな香りが食欲をそそった。

後で紹介するクラフトファームと同じ生産者のアントマッケンジーワインズさんによるもの

クロスロードとの比較評価:⭐️⭐️⭐️

クーパーズ・クリーク ホークスベイ シラー2012

参考購入価格: 2,380円

果実の香りが心地よい

クロスロードとの比較評価:⭐️⭐️

クラギー・レンジ・ル・ソル・ギムブレット・グレーヴェルズ・ヴィンヤード2013

参考購入価格: 10,380円

今回の比較会で一番高いワイン。。。

シラーの特徴であるタンニンの渋味がよくでている。一口飲んだ瞬間、これは飲み頃でなかったのかと思うバランスのズレを少し感じた。熟成が足りなかったか?ヤバイ!高いのに!15-20分後、また一口飲むと、大分こなれた感じとなり、香りもさらに引き立ったように感じた。味も大分引き締まり、料理と合わせて飲むとさらにその独自の味わい、香りが引き立った。非常にできの良いワインであることは間違いない、

クロスロードとの比較評価:⭐️⭐️⭐️⭐️

ティンポット・ハット ホークスベイ シラー 2013

参考購入価格: 2,592円

同じ価格帯のクロスロードに比べてバランスは良くない

クロスロードとの比較評価:⭐️⭐️

クラフトファーム ホームヴィンヤード シラー 2014

参考購入価格: 5,832円

香りは上品で大人のベリー、エレガントシラーってこのワインのこと?

バランスが整っていて、今回の飲み比べで一番好きなワイン

複座に絡みあった様々な要素が美しいハーモニーを奏でるとはまさにこのワインのこと

クロスロードとの比較評価:⭐️⭐️⭐️⭐️⭐️

一番お気に入りのNZシラーは果たして?

今回、一番のお気に入り、そして発見はといえばクラフトファームでしたが、価格の事を考えて、家飲みするんならやはりクロスロードということになります。

コストコに今、置いていないのが本当に残念です。

通販でまとめ買いするしかないです。。。

しかしワインの飲み比べって難しいね。

飲み頃、合わせる料理、開封してからの時間の経過で全然違う。だから面白いのかな?

だけど、クラフトファームのワイン美味しかった。今度ちがう葡萄品種のワインの飲み比べしよーっと♥️

Posted from SLPRO X for iPhone.